もののけ姫の雑炊

もののけ姫の雑炊?を口に掻き込む村人たち、千と千尋の神隠しの冒頭での千尋の両親の食事のシーンなど本当に美味しそうに食べているのが伺える。

絵で表現できる最大限の食の演出であろう。 本当に美味しそうに食べるシーンをアニメーションで表現しようと思えば少なくとも三つあるのではないだろうか。 一つは「食べ方の演出」である。 アニメである以上、実写と違い動きに限界があるものだ。 だからこそ、派手に過剰な動きが求められる。 ジブリアニメのように通常のアニメと違い作画枚数が多いことで噛むところなど細かい演出が可能となる。 また別に述べたいがジブリの場合はアニメではあるが、そのキャラクターに如何にも芝居をつけてるように見えてならない。 そして二つ目はやはり「食べ物それ自体」である。 中華一番や料理漫画で美味しんぼなどがあるが、またはジブリ作品においてもそこに登場する食べ物が美味しそうに見え、実際に再現しているのをYouTubeで見た。 それは、こんだても当然のことながら、それを表現する色や質感が美味しそうに際立たせているのだと思う。

ビエリデントアクア